口座開設

FX口座開設の方法

口座開設には希望の仲介会社へ登録申請し、Web上または紙面の郵送にて行います。
ここで重要なのが、氏名、住所、生年月日…と記入する中で、貯金や職業を聞かれる欄があるということです。
失業中であったり、収入が著しく低い場合は審査に落ちてしまうこともあります。

そして、最初に入金する金額も、著しく低額の場合は審査に落ちることもあります。
仲介会社は、その人が損害を出した際、それをリカバリーできるほどの経済力を持っているかどうかを知りたいのです。
仲介会社を選ぶ際は、事前に審査に通りやすいかどうかを調べてから申請するのが良いですね。

また、FXや株式投資の経験があるかどうかを聞かれる欄もあります。
仲介会社によっては、投資歴がない人は口座を作れないと公言しているところもあります。
これは、他の口座で取引を行ったり、仮想トレードで実績を作ってから申請しましょう。

基本的には誰でも通るのがFX口座です、しかし、一つ問題となる人がいます。
それは、銀行のブラックリストに載ってしまった人です。
クレジットカードの支払滞納や自己破産によって、金銭的信用を失ってしまった人は取引口座を作ることが非常に難しくなるので注意しましょう。

上記の事項を押さえて申請すれば、誰でも口座を開設することは出来ます。
手早く口座を開設し、FXのスタートラインに立ちましょう。